DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
01241 治療教育学研究 >
第30輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/2752

タイトル: 小学校における発達障害児に対する小集団 SST の取り組み― ミニゲームを主体とした集団適応の獲得について ―
著者: 野澤, 宏之
吉岡, 恒生
著者(訳): Yoshioka, Tsuneo
出典: 治療教育学研究. 2010, 30, p. 41-48.
出版者: 愛知教育大学
抄録: 本研究の目的は,小学校における発達障害児に対して,児童らの取り組みが自発的になるようミニゲームを中心としたソーシャルスキルトレーニングを実施し,その効果を検討するものであった。また,学校・保護者と特別支援教育を核に実践的教育力育成を目指す教員養成改革事業における学生ボランティアのニーズをつなぐものである。対象となるグループは8名の児童で構成された。プログラムは,前半部分は「見る/聞く」ことに主眼を置き,後半部分は「他者と協力すること」「ルールに従って行動すること」「勝ち負けによる自己の感情コントロール」を主眼に課題設定をした。効果の評定は,各学級担任にソーシャルスキル尺度を用いて実施前・実施後に回答してもらった。検討の結果,集団行動スキルに関しては総じて効果があることが確認された。また,衝動性の有無によって効果に差異が生じること,対人志向性の有無によっても効果に違いが生じることが確認された。
URI: http://hdl.handle.net/10424/2752
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:小学校
著者版フラグ: publisher
sortkey: 06
出現コレクション:第30輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
chiryo304148.pdf856.06 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください