DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
01241 治療教育学研究 >
第30輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/2753

タイトル: 知的障害児に対する特別支援学校における性教育実施の状況と,教諭と保護者の意識
著者: 原, 恵美子
出典: 治療教育学研究. 2010, 30, p. 61-69.
出版者: 愛知教育大学
抄録: 知的障害児への学校での性教育は,継続的な取り組みや教材等の開発も困難な状態が今日まで続いている。その根拠として学習指導要領の中での位置づけがいまだ決まっていないことに加えて,教員や保護者等関係者らの「寝た子を起こすな」という消極的な姿勢があげられることが少なくないが,これを確認するため,おおむね1990年代以降発表の性教育に関する文献を調べ,特別支援学校教員による記述に見られる性教育に対するイメージの整理,関係者へのインタビューを実施した。今回特に女子知的障害児の保護者の意識を中心に調べたが,子の状態によって保護者の要望も個人差が大きいことがわかった。しかし,女子の場合は性的問題行動や性被害が問題になりやすいのは学校教育終了後で,卒業後の性教育の担当者や場所の確保が必要であることが示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10424/2753
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:特別支援学校
著者版フラグ: publisher
sortkey: 08
出現コレクション:第30輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
chiryo306169.pdf795.37 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください