DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
01241 治療教育学研究 >
第30輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/2756

タイトル: 広汎性発達障害を早期に疑われる幼児への発達支援に関する一考察(第2報)― 療育機関等から保育園・幼稚園等への移行を通して見えてくる「意義」と「課題」について ―
著者: 北野, 絵美
出典: 治療教育学研究. 2010, 30, p. 29-39.
出版者: 愛知教育大学
抄録: 本研究は,療育機関等から保育園・幼稚園への移行の様子を1年半に渡って縦断的に観察を行う事により,広汎性発達障害を早期に疑われる幼児の発達支援について検討したものである。第1報(北野,吉岡,2009)では早期療育の『意義』について検討を行った。今回は第2報として,保育園・幼稚園等での観察記録,発達検査の結果を踏まえて統合保育の『意義』及び“移行”に際する発達支援の『意義』について検討をいった。本研究を通じて,統合保育とは早期療育からの“継続性”が非常に重要である事が示唆された。その上で,統合保育を行う『意義』として他児への興味・関心を持ち,模倣行動が出始めている幼児にとって,他児がモデルとなり大きな成長,発達等を遂げる事が第一に挙げられる。さらに,他児と「共に生きること」そのものも大きな『意義』となる一方で,他児と広汎性発達障害を有する幼児との関係性をいかに築いていけるがが,統合保育の『課題』点として挙げられる事示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10424/2756
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:幼稚園
著者版フラグ: publisher
sortkey: 05
出現コレクション:第30輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
chiryo302939.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください