DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
01061 愛知教育大学教育実践総合センター紀要 >
第13号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/2763

タイトル: 「英語イマージョン・ルーム」の開設 ― プロジェクトの役割と今後の可能性 ―
その他のタイトル: An Introduction of English Immersion Room and its Effective Use
著者: 稲葉, みどり
著者(訳): Inaba, Midori
出典: 愛知教育大学教育実践総合センター紀要. 2010, 13, p. 37-44.
出版者: 愛知教育大学実践総合センター
抄録: 本稿では,平成21年度より愛知教育大学内に開設した「英語イマージョン・ルーム」の目的と概要,及び,これまでの活動状況を報告し,英語イマージョン・ルームの今後の充実の方策や可能性を探る。このプロジェクトは,「ピア・サポーター」として英語を話すことのできる留学生,帰国子女,留学経験者などの協力を得ながら,英語を使ってコミュニケーションをすることにより,学生の英語運用力の向上とともに相互交流を促進するものである。また,学生が教材や資料を自主的に活用して主体的に学ぶ場を提供し,将来,学校現場や地域において指導的役割を果たす人材養成に寄与する。平成21年7月に活動を開始し,10月まで模索しながら実施してきた。参加者した学生の感想からは,英語を使ってコミュニケーションする際に,本学学生が身につけるべきことは何か等が明らかになり,今後の英語イマージョン・ルームの内容の整備,充実に関する糸口が見つかった。
URI: http://hdl.handle.net/10424/2763
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:大学
著者版フラグ: publisher
sortkey: 06
出現コレクション:第13号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
jissenkiyo133744.pdf888.13 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください