DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
01061 愛知教育大学教育実践総合センター紀要 >
第13号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/2765

タイトル: 小学校の特別支援教育支援員の在り方に関する事例的考察(2)
その他のタイトル: Case Study on Special Support Staff in Elementary School
著者: 吉原, 真寿美  
都築, 繁幸
著者(訳): Yoshihara, Masumi
Tsuzuki, Shigeyuki
出典: 愛知教育大学教育実践総合センター紀要. 2010, 13, p. 75-81.
出版者: 愛知教育大学実践総合センター
抄録: 特別支援教育の制度が平成19年度から開始され,様々な取り組みが試みられている。その一つとして「特別支援教育支援員(以下,支援員)」の活用があるが,支援員の効果的な活用は検討課題だとされている。本研究は,支援員の効果的な在り方を探るために支援員の指導を事例的に考察した。ここでは,現職教員が通常の小学校に支援員として加わり,試行的な実践をもとに支援員の役割,支援員と担任との連携,支援員の効果的支援,支援員の立場から支援を行う上での困惑と要望等を検討した。
URI: http://hdl.handle.net/10424/2765
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:小学校
学年: SGRD:小5
SGRD:小6
著者版フラグ: publisher
sortkey: 11
出現コレクション:第13号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
jissenkiyo137581.pdf937.95 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください