DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
01061 愛知教育大学教育実践総合センター紀要 >
第13号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/2791

タイトル: 「他者意識・自己防衛」を意識した情報モラル教育に関する考察 ― 情報化社会を生きる力との関連 ―
その他のタイトル: Consideration concerning information morality education to consider “Others consideration and self-defense”
著者: 戸田, 和幸   
野崎, 浩成
著者(訳): Toda, Kazuyuki
Nozaki, Hironari
出典: 愛知教育大学教育実践総合センター紀要. 2010, 13, p. 45-49.
出版者: 愛知教育大学実践総合センター
抄録: ネット社会のトラブルは,『他者意識(倫理)』と『自己防衛(安全)』の欠如が引き金になっている場合がほとんどである。近年,学校は情報安全教育にチャット・メール・掲示板等の体験を取り入れ,効果をあげている。本研究では,『本名』と『匿名』の立場に潜む学習者の認知に働きかける違いと,『他者意識』と『自己防衛』の間に関係があるとした研究 123 )に沿って,チャットを体験した学級と体験しなかった学級との情報安全に関する対処能力の違いを探った。併せて,学校教育という特別な環境で行う,『本名』と『匿名』の二つの立場のチャット体験が学習者の認知に影響を与え,「情報化社会を生きる力」につながる可能性を示唆していることを確認した。
URI: http://hdl.handle.net/10424/2791
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:小学校
著者版フラグ: publisher
sortkey: 07
出現コレクション:第13号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
jissenkiyo134549.pdf1.29 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください