DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
0101 愛知教育大学研究報告. 人文・社会科学編 >
第62輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/4977

タイトル: 留学生のe-Learningへの取り組みの考察 ―ALC NetAcademy2の日本語聴解コースの場合―
その他のタイトル: How do the International Students Utilize and Benefit from the Online Japanese-language Learning Course ALC NetAcademy 2 in the Class?
著者: 稲葉, みどり
著者(訳): Inaba, Midori
出典: 愛知教育大学研究報告, 人文・社会科学編. 2013, 62, p. 11-18.
出版者: 愛知教育大学
抄録: 本研究ではe-Learning(ALC NetAcademy 2)による日本語学習の授業「日本語ネットアカデミー2011」の聴解コースにおいて、受講生(留学生)が授業内・授業外でe-Learningにどのように取り組んだかを学習履歴の分析を通じて考察した。この授業は一斉の教室学習(教師の管理下でのe-Learning学習)と教室外での自律的学習を組み合わせた形態で実施した。聴解コース全体の学習時間、授業内・授業外での学習時間、授業で指定したユニット・指定外のユニットの学習状況等を中心に、日本語のレベル別、個人別に学習履歴を分析した。その結果、「主に授業内で学習した人」、「主に授業外で学習した人」、「指定ユニットだけを学習した人」、「指定外ユニットも学習した人」等、様々な学習への取り組みが見られた。
URI: http://hdl.handle.net/10424/4977
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: 教育実践
教育関連論文
著者版フラグ: publisher
sortkey: 05
出現コレクション:第62輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kenjin621118.pdf349.6 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください