DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
0106 愛知教育大学教育創造開発機構紀要 >
第 5号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/6054

タイトル: グロ-バル授業の舞台裏 ― 教室外での日本語学習の取り組みの分析 ―
その他のタイトル: The Backstage of the Global Lecture ― How Can We Create the Conditions within Which Students Will Motivate Themselves?―
著者: 稲葉, みどり
著者(訳): Inaba, Midori
出典: 愛知教育大学教育創造開発機構紀要. 2015, 5, p. 141-149.
出版者: 国立大学法人愛知教育大学
抄録: 本稿では、日本語能力を育成する1つの方策として実践したプレゼンテーション活動の遂行過程で学習者(留学生)がどのような学習を行ったかに着目し、日本語学習に果たした役割を考察した。特に教室外でどのような作業を進めたかを活動終了後に学習者が書いた省察レポートの記述を基に明らかにした。その結果、主に以下のように活動に取り組んだことが分かった。1)興味関心のあるテーマを決定し、発表(作品制作)に必要な語彙、表現、情報は何かを考えた。2)チューターの助けを借りたりして自主的に作品制作を進めた。3)学習内容は各自のニーズに合わせて設定した。4)自分で選んだ方法で制作を進めた。5)できるだけ良い作品(発表)をつくることをめざした。そして、他の人の発表から、各国の事情に関する知識・情報、制作方法や発表の方法を学んだことも分かった。この活動では教師は学習者の意思決定を最大限に尊重し、作品の内容や制作方法については特別な指示はしなかったが、これらの行動から、学習者が自主的に学習活動を進め、意欲的に制作に取り組んだ様子がうかがえる。ここでは、教師の提示する言語内容というよりも、むしろ学習者自身のニーズに基づいた内容で学習が進められたと考えられる。Ushioda(1996)は、必要な学習の内容や方法を考え、最適と考えられる方法の選択を行うことで、自分の学習に責任を持つ気持ちや態度を育成できると述べている。本実践がこのような学習環境の一部を実現したと考えれば、学習意欲を高める要因の1つとなったのではないかと考えられる。
URI: http://hdl.handle.net/10424/6054
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:大学
著者版フラグ: publisher
sortkey: 20
出現コレクション:第 5号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kiko5141149.pdf372.05 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください