DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
0106 愛知教育大学教育創造開発機構紀要 >
第 5号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/6059

タイトル: 愛知教育大学出身教師の資質能力形成に関する調査研究 ― 修士課程を修了した小学校教師の養成教育に対する意識を中心に ―
その他のタイトル: A Study on the Process for Developing Practical Qualities and Competencies as Elementary School Teachers: Results of an Alumni Survey at Aichi University of Education
著者: 首藤, 貴子
幸前, 有南
著者(訳): Shuto, Takako
Kozen, Arina
出典: 愛知教育大学教育創造開発機構紀要. 2015, 5, p. 151-160.
出版者: 国立大学法人愛知教育大学
抄録: 本稿では、愛知教育大学出身教師を対象とする質問紙調査の結果から、修士課程修了後入職した「修士課程修了教師」に着目し、養成教育期の資質能力形成に対する当事者の意識を明らかにすることを目的とした。具体的には、①養成教育期における学びに対する認識、②学部卒業時点および大学院修了時点の教師としての資質能力の到達度に対する自己評価、③大学院における学びに対する認識と大学院修了時点の資質能力の自己評価との関係について分析した。その結果、以下の点が明らかになった。修士課程修了教師は、①養成教育期における「実践」的な学びのみならず「研究」的な学びによる影響を自覚しており、②学部卒業時点の資質能力に対して全般的に否定的評価であったが、大学院修了時点では自身の力量向上に向けて取り組むこと、同僚と協調すること、教師としての基本的素養に関する資質能力について肯定的評価であった。さらに、③修士課程のカリキュラムに基づく学びの影響を高く認識している教師ほど大学院修了時点における資質能力の到達度を高く評価する傾向がみられ、修士課程における養成教育の有効性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/10424/6059
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:大学
著者版フラグ: publisher
sortkey: 21
出現コレクション:第 5号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kiko5151160.pdf469.88 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください