DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
0120 障害者教育・福祉学研究 >
第12巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/6412

タイトル: HATOプロジェクト構成大学に対する障害学生支援の実態調査
その他のタイトル: Investigation about the current status of support for students with disabilities in the University of Education
著者: 相羽, 大輔
岩田, 吉生
小田, 侯朗
青柳, まゆみ
飯塚, 一裕
萩原, 拓
齊藤, 真善
蔦森, 英史
濵田, 豊彦
澤, 隆史
冨永, 光昭
井坂, 行男
西山, 健
著者(訳): Aiba, Daisuke
Iwata, Yoshinari
Oda, Yoshiaki
Aoyagi, Mayumi
Iizuka, Kazuhiro
Hagiwara, Taku
Saito, Masayoshi
Tsutamori, Eishi
Hamada, Toyohiko
Sawa, Takashi
Tominaga, Mitsuaki
Isaka, Yukio
Nishiyama, Takeshi
出典: 障害者教育・福祉学研究. 2016, 12, p. 173-177.
出版者: 愛知教育大学障害児教育講座
抄録: 本稿はHATOプロジェクトに参加する4 つの教員養成系大学(北海道教育大学札幌校・旭川校,愛知教育大学,東京学芸大学,大阪教育大学)に実施した障害学生支援の実態調査に関する中間報告であった。各大学に質問紙調査を実施した結果,各大学の支援体制や支援活動の状況が整理できた。このうち,支援体制についてみると,専門委員会,支援部署,学内規定を持つ大学は2 校しかないことが示された。支援活動については,支援体制が整備されなければ実施しにくい内容(懇談会・支援者養成・理解啓発活動)と支援体制がなくても実施しやすい内容(FD研修・SD研修・学外研修派遣)が明らかにされた。一方,本調査では,教員養成系大学に特徴的な支援事例として,①実習・実技系の授業場面,②教育臨床活動場面,③就職活動場面での支援事例が収集でき,聴覚障害学生や発達障害学生の合理的配慮の内容が具体化された。今後は更なる支援事例を収集するための面接調査を行い,良質なデータベースの構築を目指すことが課題となった。
URI: http://hdl.handle.net/10424/6412
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:大学
著者版フラグ: none
sortkey: 19
出現コレクション:第12巻

このアイテムのファイル:

このアイテムに関連するファイルはありません。

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください