DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
0120 障害者教育・福祉学研究 >
第12巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/6418

タイトル: 大学における弱視学生の実習経験に関する調査
その他のタイトル: A Study on the Clinical Practicum experiences for Students with Low Vision -Focusing on experiences in Student teaching, clinical Practicum, Public Welfare Practicum, Childcare Practicum-
著者: 奈良, 里紗
相羽, 大輔
佐藤, 由希恵
岩池, 優希
著者(訳): Nara, Risa
Aiba, Daisuke
Sato, Sukie
Iwaike, Yuki
出典: 障害者教育・福祉学研究. 2016, 12, p. 1-6.
出版者: 愛知教育大学障害児教育講座
抄録: 大学における弱視学生への合理的配慮のうち,実習場面においてどのような支援が必要なのかを検討するため,教育実習・医療実習・福祉実習・保育実習を経験した弱視学生20名に対して半構造化面接を行った。結果,初めて実習へ行く弱視学生は自分に必要な配慮や支援内容をまとめること,実習の受け入れ先を探すことについて困難を感じていた。また,実習先では周囲から理解を得ることに困難を感じていた。このような弱視学生の経験から,今後の障害学生支援で必要と考えられる支援として,①障害開示や援助依頼に関する障害学生向けプログラムの実施,②実習先の選択・決定までの相談機会の提供,③実習中に生じる困難への解決方法の提示が期待される。
URI: http://hdl.handle.net/10424/6418
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:大学
著者版フラグ: publisher
sortkey: 01
出現コレクション:第12巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
shofuku1216.pdf1.02 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください