DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
0120 障害者教育・福祉学研究 >
第12巻 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/6423

タイトル: HATOプロジェクト構成大学における特別支援教育の学校支援ボランティアの実態
その他のタイトル: School Support Volunteer in Special Needs Education at Four Universities in HATO Project
著者: 岩田, 吉生
小田, 侯朗
青柳, まゆみ
飯塚, 一裕
相羽, 大輔
萩原, 拓
齊藤, 真善
蔦森, 英史
濵田, 豊彦
澤, 隆史
冨永, 光昭
井坂, 行男
西山, 健
著者(訳): Iwata, Yoshinari
Oda, Yoshiaki
Aoyagi, Mayumi
Iizuka, Kazuhiro
Aiba, Daisuke
Hagiwara, Taku
Saito, Masayoshi
Tsutamori, Eishi
Hamada, Toyohiko
Sawa, Takashi
Tominaga, Mitsuaki
Isaka, Yukio
Nishiyama, Takeshi
出典: 障害者教育・福祉学研究. 2016, 12, p. 179-183.
出版者: 愛知教育大学障害児教育講座
抄録: 本研究では,教員養成大学の特別支援教育の学校支援ボランティアの実態を調査し,対象校,頻度,支援内容,学年,人数の現状と課題について検討することを目的とする。尚,今回の調査大学は,HATOプロジェクト(大学間連携による教員養成の高度化支援)の連携大学である,北海道教育大学・愛知教育大学・東京学芸大学・大阪教育大学の4大学とした。その結果,4大学で,特別支援学校および小中学校において,特別支援教育の学校支援ボランティア活動が実施されていた。また,一部の大学では,特別支援教育が主専攻ではない学生たちも特別支援教育の学校支援ボランティア活動に参加し,障害のある子どもの指導・支援や教材・教具の作成等の学びを深めていることが明らかにされた。今後は,HATOの4大学の他,全国の教員養成大学・学部の特別支援教育の学校支援ボランティアの現状と課題を調査し,教育実習以外に,学生が障害のある子どもたちへの指導・支援を学ぶ場を提供する上での在り方について検討していくことが求められる。
URI: http://hdl.handle.net/10424/6423
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:大学
著者版フラグ: publisher
sortkey: 20
出現コレクション:第12巻

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
shofuku12179183.pdf1.09 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください