DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
0107 愛知教育大学教職キャリアセンター紀要 >
第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/6593

タイトル: 小学校理科「流水の働き」における水害に対する防災意識を促すモデル教材の開発と授業実践
その他のタイトル: Development of Teaching Material and Class Practice to Enhance Disaster Prevention Awareness to a Flood in Elementary School Science
著者: 大鹿, 聖公
山田, 陽子
著者(訳): Oshika, Kiyoyuki
Yamada, Yoko
出典: 愛知教育大学教職キャリアセンター紀要. 2016, 1, p. 101-107.
出版者: 愛知教育大学
抄録: 本研究では、豪雨や台風などによる水害に対する防災意識を促すために、発泡スチロールで作製した河川のモデル教材を開発し、それを活用した授業実践を行った。このモデル教材を活用することで平常時と災害時の河川の流量やそれが河川敷に及ぼす影響ならびに堤防の役割や効果などを視覚的に理解することが可能となる。また、土石流による水位の変化なども理解させることができ、河川のモデル教材として複数の効果が期待される。愛知県内の小学校5年生を対象に、「流水の働き」の単元においてモデル教材を活用した授業実践を行った。実践の結果、モデル教材を用いた降雨による河川の流量変化や土砂災害の様子について、児童は具体的なイメージをもって理解できていることが明らかとなった。また、この授業を通して、水害の恐ろしさについて再認識し、防災の意識が高まっていることがわかった。
URI: http://hdl.handle.net/10424/6593
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
教科・領域: SSUB:理科
学年: SGRD:小5
著者版フラグ: publisher
sortkey: 16
出現コレクション:第1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
career1101107.pdf1.2 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください