DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
0107 愛知教育大学教職キャリアセンター紀要 >
第1号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/6604

タイトル: 教科書における語り分析の研究 ― フランス中学校国語教科書を対象として ―
その他のタイトル: A Study of Narrative Analysis in the Textbook ― In the Case of French Language Education Textbooks of Junior High School ―
著者: 丹藤, 博文
著者(訳): Tando, Hirofumi
出典: 愛知教育大学教職キャリアセンター紀要. 2016, 1, p. 59-65.
出版者: 愛知教育大学
抄録: 平成24(2012)年度版文部科学省検定済中学校国語教科書に「語り(語り手)」を問う学習課題が出され、「コラム」として解説文が掲載された。読みにおける語りが義務教育の教科書においても本格的に取り上げられたのである。しかし、教育現場では生徒のみならず教師にとっても、「作者」との区別が判然とせず、語りを読むことの意味に自覚的ではなく、授業に取り入れられてはいないのが実情である。そこで、物語論(narratologie)をベースとした物語分析・語り分析を積極的に取り入れているフランスの中学校(コレージュ)のフランス語教科書を対象に、物語分析や語りの何をどこまで扱っているのかを明らかにし、学校教育において語りがどのように指導されているかの研究をした。そして、フランス教科書における語り分析をふまえたうえで、日本の中学校における段階的・系統的な語り分析の指導について提案した。
URI: http://hdl.handle.net/10424/6604
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
教科・領域: SSUB:国語
著者版フラグ: publisher
sortkey: 11
出現コレクション:第1号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
career15965.pdf386.98 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください