DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
0112 教科開発学論集 >
第 4号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/6618

タイトル: 小学5年生のレジリエンスを高める授業の効果
その他のタイトル: A study on the effect of the teaching lesson on resilience of the fifth-grade.
著者: 原, 郁水
都築, 繁幸
著者(訳): Hara, Ikumi
Tsuzuki, Shigeyuki
出典: 教科開発学論集. 2016, 4, p. 33-45.
出版者: 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科 共同教科開発学専攻
抄録: 小学5年生のレジリエンスは、肯定的な未来志向、興味関心の追求、感情調整の要素から構成される。今回は、これらの要素を高める授業を行い、その効果を検討した。対象者は小学校5年生、213名である。未来志向のレジリエンスは原因帰属、興味関心の追求は自己理解、感情調整はABC理論の観点から、それぞれの授業が考案された。授業を行う前日にプリテストを、当日にポストテストを、1週間後にフォローアップテストを行い、レジリエンスの変化を検討した。また、授業を行う前の子どもたちの落ち込み状況を把握し、今回の授業がそれに影響を与えたどうかを検討した。その結果、1)三つの授業のいずれもポストテストの方がプリテストよりも高かった、2)未来志向では落ち込みあり群に、興味・関心の追求では、落ち込みなし群にレジリエンスが高くなっていた、3)フォローアップテストとポストテストを比較したところ、3つの授業のいずれも有意差は認められず、効果が持続しているものと考えられた。これらのことからレジリエンスの授業の単元化が議論された。
Childrem's resilience is formed from elements like positive future orientation, seeking interests and concerns and emotional regulation. Lessons were conducted to strengthen these elements and the effects were then analyzed. The study focused on 213 fifth grade elementary school students. Each lesson were devised from the perspectives of future orientation and causal attribution, seeking interests and concerns and self-understanding, and emotional regulation and the ABC theory. Pre-tests were given the day before lesson, post-tests were given on the day of lessons, and follow-up tests were given one week after lesson to determine changes in terms of resilience. In addition, the studies assessed the state of despondency felt by children prior to holding lessons and then examined whether or not the lesson had a positive impact. The results indicated that 1) in all three lessons, post-test results were better than pre-test results; 2) resilience had improved with the group that showed despondency in terms of positive future orientation and also with the non-despondent group in terms of seeking interests and concerns ; 3) a comparison of follow-up tests and post-tests revealed that there were no significant differences in any of the three lessons and the benefits were thought to be ongoing. Based on these findings, the introduction of resilience learning units was discussed.
URI: http://hdl.handle.net/10424/6618
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:小学校
学年: SGRD:小5
著者版フラグ: publisher
sortkey: 04
出現コレクション:第 4号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kaihatsu43345.pdf4.89 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください