DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
0112 教科開発学論集 >
第 4号 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/6635

タイトル: ソフトウェア設計に基づく初学者のためのプログラミング学習の過程に関する考察
その他のタイトル: Consideration of a Learning Programming Process based on Software Design for Beginners
著者: 大村, 基将
紅林, 秀治
著者(訳): Omura, Motomasa
Kurebayashi, Shuji
出典: 教科開発学論集. 2016, 4, p. 151-159.
出版者: 愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科 共同教科開発学専攻
抄録: 技術・家庭(技術分野)におけるプログラミング教育にソフトウェア設計の考え方を取り入れた学習の過程を検討する。技術・家庭(技術分野)の学習内容の「プログラムによる計測・制御」の学習は、初学者を対象としたプログラミング学習を実施するものである。しかし、その内容は、簡単なプログラミングの手順を学ぶことには効率的であるが、サンプルプログラムによる演習やプログラムの修正作業が中心となり、プログラムを考えて作り出す、設計の考え方が抜けている。そこで、ソフトウェア設計の過程を、初学者を対象としたプログラミング学習に適用し、要求に応じたプログラムを段階的に作り上げていく学習方法を検討した。検討の結果、「目的の表現」「原理の構築」「原理の具現化」の三段階を有するプログラミングの学習過程を考案した。
We considered a learning programming process based on software design for technology education. Lessons of computer program-aided measurement and control are for beginners to learn programming. These lessons are efficient to learn the step of programming, but the main of the lessons are works of typing the sample programming and debugging. Therefore, these lessons have a fundamental lack of the concept of design. Then we considered learning processes of programming and applied the process of software design to lessons for beginners (junior high school students) to learn programming to meet needs in a systematic manner. As a result, we propose the process of programming, which constructed three steps couching aim, construction of rules and realization of rules.
URI: http://hdl.handle.net/10424/6635
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
教科・領域: SSUB:技術
著者版フラグ: publisher
sortkey: 15
出現コレクション:第 4号

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kaihatsu4151159.pdf1.59 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください