DSpace DSpace Softwareについて 愛知教育大学
English
 

DSpace at 愛知教育大学 >
01 学術雑誌論文(学内発行分) >
0104 愛知教育大学研究報告. 教育科学編 >
第66輯 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10424/7074

タイトル: 教育実習中の自覚症状・不安の増加に関連する要因について
その他のタイトル: Factors Related to the Increase of Subjective Symptoms and Anxiety during Teaching Practice Period
著者: 朝倉, 千晶
天野, 佑紀
妙楽, 真悠子
多曽田, 理恵
古舘, 美咲
桜木, 惣吉
著者(訳): Asakura, Chiaki
Amano, Yuki
Taera, Mayuko
Tasoda, Rie
Furutate, Misaki
Sakuragi, Sokichi
出典: 愛知教育大学研究報告, 教育科学編. 2017, 66, p. 39-44.
出版者: 愛知教育大学
抄録: 教員を目指す学生にとって,教育実習は必修科目であり,教育実習を経験することは将来教員になるうえで大きな学びになる一方で,体力的にも精神的にもかなりのストレスがかかると思われる。しかし,同じように教育実習を経験してもその程度には個人差があると考えられる。そこで本研究では,Cornell Medical IndexおよびState-Trait Anxiety Inventoryを用いて被験者の自覚症状・不安を評価し,教育実習中の出来事・家庭環境・生育環境・支援ネットワーク・コーピング手段・性格傾向に着目し,教育実習中の自覚症状・不安の増加に関わる要因についてスピアマンの順位相関係数により検討した。
URI: http://hdl.handle.net/10424/7074
言語: ja
NII資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
教育情報の種別: ETYP:教育関連論文
学校種別: STYP:大学
著者版フラグ: publisher
sortkey: 08
出現コレクション:第66輯

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kenkyo663944.pdf468.88 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムは、他に指定されている場合を除き、著作権により保護されています。

 

DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください